プロフィール

メテオニ・バニアス

Author:メテオニ・バニアス
メテオニの教室へ ようこそ!
ぼちぼちやっていきますよぃ


遊んでみよう!マジカロス!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと 物語考えました!笑


『しずく』

大雨の日、小さな男の子が道路に歩いていた
その時だった 目の前にすごく大きい車が・・・
すると ある男性が小さい男の子を助け、身代わりになった
「お父さんッッ!!」
小さい男の子が叫ぶ。
その叫び声と共に 「「キキィィィーーッッ!」」 「「ドンッ!」」
お父さんと呼ばれたその男性は 倒れていた
その倒れた男性に近づいた小さな男の子・・・

その後病院で 〝死〟が確認された

ーー10年後ーー
あの頃に起きた事故の男の子はもう16歳になっていた
なまえは 「時雨」
 ・
 ・
 ・
 ・

「あの!・・・落し物ですよ?」 と、同じくらいの女の子がそう言って僕の傘を拾ってくれた
「ありがとう」
この傘は僕の大事な宝物。
お父さんからもらった最後のプレゼント 
お守りとして いつも持ち歩いている

「あ、あの・・雨・・降ってきたので なかに入れてもらえませんか?」
(本当だ・・・。雨だ。)
今頃になって気づいた 結構強い雨だ

「いいよ、おいで」
そう言って僕は傘を広げた
更に雨は強くなる
沈黙の中、僕は言った
「名前教えてよ」
「ん?あ、はい。 しずくといいます」と、ニコッと笑った

「俺の名前は・・・」と、言おうとした、その時
「時雨さん、あの・・・家までお願いしてもよろしいですか?」
「いいけど・・・なんで俺の名前しってんだ?」

「傘にかいてありました! 」
「そっか。よく見てるのな。」
「はい!」
ずっとニコニコ笑ってる
この子、可愛いな・・・
そう思ってるうちに 彼女の家に付いた 

すると 「ありがとうございました!」と、ニコッと笑って 缶コーヒーを買ってくれた

雨が止んだ
その時だった

缶コーヒーに一粒のしずくがおちた 

(あれ・・・この場面って・・・。)

思い出した・・・あの日、 あの車にのあってた女の子だ
病院で座っていた僕に、あの日もこうやって・・・

沈黙の中、彼女が口を開いた。

「思い出しました・・・?」
「うん・・・。キミ、あの日の子だったんだね」
「あの頃からずっと忘れられなくて・・・それに、なんか好きだったんです」
「その、よかったら私と・・・」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうして、数ヵ月後。
お父さんの墓に一枚の手紙を置いた。

<お父さんへ>
お父さん・・・お父さんが死んだのはスゴイ悲しい出来事だったな・・・
だけど、 ここまで頑張って生きてきたら
代わりにというか・・・
とっても大事な〝守るべきもの〟ってやつ手に入れたよ・・・
いつの日か、父さんが教えてくれた 〝守るべきもの〟を。

見せてあげたかったなぁ・・・
僕の自慢の・・・〝しずく〟を。


ーーーーーーーーーーーーー
「感想」
なんか考えたけど いい感じにできたな! (*´∀`*)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://meteoni.blog.fc2.com/tb.php/27-7ef3de60

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。